羽生結弦君、金メダルおめでとうございます!

ショートプログラムが始まった瞬間から、一度も目が離せない演技でした。フリーの演技では失敗もあったけれど結果は金メダル。大舞台でプレッシャーを乗り越えて羽ばたいた少年の姿はまぶしいものでした。

ショートプログラム、「パリの散歩道」に合わせて流れるようなセクシーな演技でしたね。ジャンプもきまり、素人ながらにも「やったあ!」と思える素晴らしさでした。

※2月17日午後8時よりNHKスペシャルで「羽生結弦 金メダルへの道」が放送されます。あの感動的な演技がどうやって生まれたのか?気になる方、見て下さいね。私はさっそく録画予約しました。

パリの散歩道は、ギタリストの故ゲイリー・ムーアの曲です。

ショートプログラムに使われた曲「パリの散歩道」は、結弦君の両親と同年代又はそれ以上年代の方々にとっては、とてもなつかしさがこみ上げるものです。

故ゲイリー・ムーアはギターの神様と言われるほどのギタリスト。パリの散歩道は、そのゲイリー・ムーアの1993年の曲です。

ゲイりー・ムーアのCDを買いたくなったのは私だけでしょうか?(笑)
ゲイリー・ムーア・メモリアル・コレクション

羽生結弦君のお気に入りはクマのプーさん

羽生結弦君はクマのプーさんが大好きらしく、緊張をほぐすために常にティッシュケースやぬいぐるみを持ち歩いているのだとか?
あの堂々とした演技からは想像ができない可愛らしさで、思わず顔がほころびます。

演技をしている時は、大人っぽくてセクシーに見えるのに、それ以外ではあどけない可愛い少年という感じ。19歳だそうですが、それよりも若く見えるように思います。

今後のさらなる活躍がとても楽しみです。