いつも荷物が多い私。物をたくさん入れるのでバッグはずしっと重くていつも肩がこるのが悩みのたね。

でも「ヘルシーバッグ」はとても身体に優しいらしい。興味深深!
STYLE STORE(スタイルストア)の選び抜かれた機能派バッグ「ヘルシーバッグ」をご紹介。
「ヘルシーバッグ」を考案されたのは、アメリカに住む女性。彼女は肩を悪くされて背中の手術をされたそうなんです。「身体に負担が少ない」バッグがあればいいなと思われたのが開発に乗り出したきっかけなんだそうです。

実際、私は肩を痛めているわけではありませんが、思いバッグを持つと肩こりから逃れることができません。

ヘルシーバッグの特徴

  1. ティアドロップ型(涙のような形)人間工学に基づいた背骨の曲線に合わせてデザインされています。肩に重みが集中するのを分散させてくれます。
  2. ポケットの数が多いので、持ち物の居場所が決まります。リュックの中をあれこれ探しまくらなくても大丈夫。私的にはペットボトル用ホルダーがあるのが特に嬉しいですね。
  3. メインの開口部は背おった場合、背中側。海外旅行にも持って行きやすいですね。
  4. バッグを身体の前へ持ってくるとファスナーが手間にあるので胸の前で出し入れが可能。背負いなおす必要がなく物が取り出せるのはラクチンね。

ヘルシーバッグのサイズ展開

ヘルシーバッグのサイズは3種類。

  1. ビッグバッグ(Lサイズ)
  2. テクスチャーナイロンのSサイズ
  3. テクスチャーナイロンのMサイズ

用途によって大きさが選べますね。さしずめ私はテクスチャーナイロンのMサイズ又はSサイズといったところでしょうか。

1泊旅行ならビッグバッグ(Lサイズ)もいいかもしれません。(大きくなるのでデザインが異なります)

私は写真を撮るのが大好きで一眼レフを持ち歩くことが多いんです。とにかく両手があくというのが一番嬉しいことなんですよね~。

カラーバリエーションが豊富なので好きな色がきっと見つかりますね。